上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事は、

・利殖方法には、「単利」と「複利」が有る。
・でも、複利についてはネガティブな意見が多い
・しかし、私はそうは思わない。

という内容でした。

複利についてのネガティブ意見としては・・・・・

応援よろしくポチっとな(^^)

1)複利は「とらぬ狸の皮算用だ」

2)複利で運用していたら大やけどをして、今まで得ていた利益が吹っ飛んだ・・・・という経験がある。

というのが、大多数です。


これはあくまで予想ですが、

1)の意見を唱える人は、複利で運用したことが無い、もしくは複利自体の知識が無い。または、世の中うまい話は無い!とカタクナに信じている方では無いか?と推測しています。

こういった方々は、複利の魅力と「計画」の重要性を実感すれば、ネガティブな印象を払拭できると思います。

次に2)ですが、大やけどを負った経験が有るということは、おそらく・・「損切りをキッチリと行わないトレード手法」を行っている方々だと思われます。

例えば、こういう人が「1日当たり30pipsは勝てるぜ!」と言っている場合、そのトレード手法は、

・70pips負けて100pips勝ち、その差の30pipsを利益。

としていると思われます。


こういうやり方だと、複利で回していった時、だんだんとポジション数が多くなり、

それに比例してドローダウン「額」が巨大になることにより、正常な判断が出来なくなり、なんの根拠も無く(なんとなく)損切りや決済をしてしまいがちになってしまいます。
かと言って、別にこのトレード手法を否定する訳ではありません。

人それぞれ、性に合うトレード手法は千差万別ですので、そういうトレード手法を取る方もいらっしゃるでしょう。

ですので、そういうトレード手法を好まれる方は、「単利」で運用することをオススメします。

一方、「複利」で回すのに適したトレード方法とは、上記と同じ「1日当たり30pipsは勝てるぜ!」という場合でも、

・15pips負けて45pips勝ち、 その差の30pipsを利益。
・しかも、負けるときの値は、毎回さほど大きく無く、バラツキが少ない。

というやり方です。


こういう場合、ドローダウンが少ないので、精神的に安定した状態でトレード出来ますから、「複利で運用する計画」を着実に実行しやすくなります。

では、複利の効果とは、どのようなものなのでしょう。

資金が雪だるま式に殖える、というのは当然ですが、実はそれに加え、

トレード手法そのものにも影響を与える、スゴイ効果があるんです。

続きは次の記事で。
応援よろしくポチっとな(^^)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。