上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の話題は、今までとは別視点での

 「勝てる投資家」と「勝てない投資家」の違いです。

まずは結論から。

勝てる投資家と勝てない投資家の特徴を端的に表現すると・・・
応援よろしくポチっとな(^^)
  ・「勝てる投資家」は、次以降のトレードも含めて考える
  ・「勝てない投資家」は、そのトレードしか頭に無い

これは、具体例を挙げると枚挙のいとまが無いほどに色んなケースがあります。

で、今回は、簡単で重要なことから。


例えば、損切りが出来るかどうか?という事を例に挙げてみます。

損切り・・・・。

色んなところで、その重要性が語られていますよね。


だいたい、こんなパターンだと思います。

 1)「損切りは重要だ・・」

 2)「いや、損切りしなけりゃ勝率が高くなるぞ」

 3)「損切り(ストップ)を設定すると、ことごとくそれに引っ掛かって
   なかなか勝てない」



・・・で、私の「損切り(ストップ)」に対する考え方ですが、

 「損切り(ストップ)を入れないトレードなんて考えられない!」

です。

それぐらい重要だと思っています。

なぜか?

それは、

 「まず間違いなく、相場から退場することになるから」

です。

ここで改めて、
 「相場から給料をもらい続ける為に必要なことはどんな事か?」
を考えてみましょう。


これは、普通に会社勤めすることに置き換えると、非常に理解しやすいです。

会社から給料をもらい続ける為にホントに最低限必要なことは何か?
と問われれば、誰もが即答できるでしょう。

 「会社をクビにならないこと」

ですよね?

では、相場ではどうかというと、

 「資金が無くなり、以降、トレード出来なくなること(=退場)」

ということです。



「勝てる投資家」は、こういう基本的で、極当たり前のことについて、しっかりと意識が出来ていると思います。

そして、そういう状態にならない為には、どうしたら良いのかという意識が強いんだと思います。

私は、トレードを始めた当初、明確なストップを入れずに5連勝ほどしたことがあります。


この時の気持ちはこうです。
 「な~んだ。ストップを必ず入れろと言うけど、
  そんなことしなくても、勝てるじゃん。」
でも、6回目のトレードの時、悲劇が起きました。

エントリー直後から、思いと逆の方向に進み、ナンピンも効果が無く、損失は膨らむばかり・・・。

「こんなはずは無い・・・」

という思いが強く、いつまでも決済できずに、そのままロスカット(マージンコール)に・・・

このときの私の心理は、

 ・直近でのトレードでの結果を意識し過ぎて、
  いずれそういう風な目に合う可能性を無視していた。

わけです。


そして、もっと問題だったのは、

 ・ストップを入れないなどという馬鹿なトレードに
  慣れるという、

    「悪しき癖が身についてしまう」

  という愚行に気づかなかった。

事だと思っています。


 「悪しき癖がついてしまう」


この意識が、非常に大切だと思います。



「勝てる投資家」は、

次以降のトレードに悪影響を与える、「悪しき癖がついてしまう」
ということ行動を嫌っているはずです。

(少なくとも私はそうしています)


つまりは、上述した

 ・「勝てる投資家」は、次以降のトレードも含めて考える

ということなんです。


↓押しちゃってん m(_ _)m
ブログ為替レート←お役に立ったら、ぜひこちらを応援クリックお願いしますm(_ _)m

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。