上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のお話は、
 ・複利運用をすれば、無茶なトレードはしなくなる。
 ・明確で現実的な資金計画は、テクニックに多大な影響を及ぼす。
というお話でした。

で、今回は、その具体例のお話です。

例えば・・・・
応援よろしくポチっとな(^^)


アナタが25万円の資金を使ってトレードするとします。

【設定】--------------------------------------------

 1)初期資金            :25万円
 2)1日のトレードの利益目標値   :13pips
 3)月当たりのトレード回数
  (利益目標値クリア回数)    :12回

 4)レバレッジ
   10万円当たり         :2万通貨

-----------------------------------------------------
※上記の「レバレッジ」は本来の意味とはちょっと異なりますが、
便宜上、こういう表記にしています。

これを単利で回していくと、

 ポジション数=25万÷10万×2万通貨=5万通貨

でのトレードですから、

月当たりの利益は、
 5万通貨×13pips×12回×100円=78,000円

年間で
 78,000円×12ヶ月=936,000円

となります。

これでも結構な利率ですが、次に複利で考えて見ましょう。

初期資金とレバレッジは単利の場合と同様ですが、
利益目標と月当たりのトレード回数の考え方を以下のように考えます。

 1日当たりの利益目標を13pipsとし、
 1週間当たり3日トレード。(12回÷4週間=3回)

 1週間が終われば、レバレッジのルール通りにポジション数を
 見直す。

例えば、トレードを開始した最初の週はどうなるかというと・・・

 初期の状態でのポジション数は、上記の単利と同じ5万通貨ですから、
 1週間経過(獲得PIPS=39)で、

  5万通貨×39pips×100円=19,500円の利益

 初期資金と合計すると、250,000円+19,500円=269,500円の資金となります。

 この資金額に対し、改めてレバレッジの考え方を適用すると、
 
 269,500円÷10万円×2万通貨=5.39万通貨となります。
 
5.39万通貨という単位では取引できませんから、小数点以下を切り捨てると5万通貨。
ですから、次の週も5万通貨のままでトレードします。

そして、毎週、それを続けていくと・・・・
第3週を終わった時点で、上記の計算結果が、6万通貨を超えるようになります。
そこで第4週は、6万通貨でトレードするようにします。

で、それを続けていくと、1年後にどうなるのか?
アナタはだいたい想像がついていますか?




コツコツと上記の運用を続けていくと、
1年後の資金は・・・
(ポジション数の上限を100万通貨に制限した場合)

なんと!
  7,695,100円です。(^^♪

77万円では無いですよ。
770万円です(^^)

単利で廻せば、年間利益が約94万円。
ところが、週間複利で廻せば、770万円。

非常に大きな違いです。
だから複利は凄いんです!!

(あなた)

「すげぇな・・・。ホントかよ・・。

 でも、なんだか怖いな。
 本当にうまく行くのか?

 そもそも、なんだか詐欺商材のセールスページみたいな話で、
 胡散臭いな・・。」


そうですね。
確かに胡散臭いですね。(^^)

上記の複利運用を3年間続けると、
 2年経過時は、約2600万円
 3年経過時は、約4500万円
となります。

凄まじい資金増加率です。
計算上は事実ですし、現実的にも不可能ではありません。

でも、私がホントに言いたいことは、別のところにあります。

それは・・・・

 複利で廻せばこれだけ増えることが分かっているから、
   ・1日当たりの目標利益を減らす。
   ・1週間当たりのトレード日数を減らす。

 ことができるということなんです。

   わずか○○pipsでの利益でも、将来的には大きな
   資金増加につながることが分かっているから、
   十分満足できる。

   ということは、

   トレードに時間を多くかける必要も無く、
   ポジションホールドを継続しながら、大きく伸びることを
   期待(そして失望)する必要も無いので、さっさと終了することが
   できる。
   つまりは、決済の判断が明確になる。
   (=無理やりなルールづけでは無く、心の底からそういう思いになります)
   
   そして、

   ストレス無く、安定した精神状態で、トレードできる。
   
   結果、
   安定した収益を上げられるようになる。
ということなんです。


そして、私が前々から提唱している、

 「勝率が高い時のみトレードする」
 「無理なトレードをしない」

ということが、自然と身に着くんです。

例えば・・・・
冒頭の単利の運用であれば、1年後の資金は約100万円になっていました。

その時の条件は、
 ・1日当たりの利益目標は、13pips
 ・月当たりのトレード日数は12日(週当たり=3日)
でした。

これを週間複利運用して、1年後に同じく100万円を得ようとした場合、
上記2つの条件はどうなるのでしょう?

 1)月当たりのトレード回数は変化させず(=週当たり3日)、
   1日当たりの利益目標値を逆計算してみると・・・

     1日当たりの利益目標値は、約5pipsで済みます。

 2)1日当たりの利益目標ちょっとだけ変えて(13→15へ)、
   トレード日数を逆計算してみると、
   
     1週間当たりのトレード日数は、1日で済みます。

同じ目標を達成しようとしても、それに必要な条件は、こんなにも違ってくるんです。

1日当たり僅か5pipsなんて、優良なFX情報商材を購入すれば、簡単に達成できるようになります。

ですから、私は、複利運用をしています。

世間では「複利運用は怖い」「痛い目を見る」などと、ネガティブな捉え方をしている方が多くいらっしゃいます。

でも私は、それらのネガティブイメージよりも、

 ・「無理なトレードをしてしまう」
 ・「大きな利益を求めて、結局は損する」
 ・「高い目標を達成しなければ・・という追い詰められた精神状態」
 ・「長いトレード時間による疲弊」

という、「単利運用ではどうしても発生しがちなメンタルリスク」を、

 「徹底的に、且つ、自然と(=心の底から)排除するための方法」として、

複利を選択しています。

さぁ、アナタはどう考えますか?(^^)

↓押しちゃってん m(_ _)m
ブログ為替レート←お役に立ったら、ぜひこちらを応援クリックお願いしますm(_ _)m


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。