上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のお話は、

「勝てる投資家」は、
  「勝率が高いタイミング」を探している。
  しかも、エントリーに際しては、
  リスクリワードを考えている。
 
それに対して「勝てない投資家」は、

  トレードする為の「理由」を探している。

という内容の具体的事例についてでした。


で、今回は、

「勝てない投資家」がトレードする理由を探して
エントリーした結果、どうなるのか?というお話。

無理やりトレードする理由をこじつけてエントリーすると・・・・

応援よろしくポチっとな(^^)
非常に高い確率で、

 負けます。



いや、もうホントに、負けます。
だれがなんと言おうと、高い確率で負けます。
不思議なぐらい負けます。

無理やりコジツケてエントリーしているから、あたりまえの話なんですが、

それにしても、良く負けます。
しかも、途中で含み益になっているにも関わらず、結局は負けます。


それはなぜか?


あくまで私の経験ですが、

 「そのトレードにはシナリオが無いから」だと思います。


良く言われることですが、トレードには「シナリオ」が必要です。

  「○○がこうなったらエントリー。
   その後、○○がこうなったら決済。
   でも、もし●●がこうなったらしまったら、ロスカット」

要は、「予定」です。
そして、「パターン」とも言えます。

この「シナリオ」が無いと、全く勝てないんです。

例えばですが、
理由をこじつけてエントリーした場合でも、意外と簡単に利益が出た状態(含み益)になることがあります。

もし、シナリオ通りにエントリーして含み益になった場合は、うまく決済して利益確定で終了させることができますが、

シナリオが無い状態だと、決済がうまくできないんです。
つまり、

シナリオを全く無視し、理由をこじつけてエントリーすると、
 ・もっと大きく伸びるかもしれない(伸びるはずだ)
 ・あの人がこう言っていたから、もっと勝てるはずだ。
 ・最悪負けてもいいから、大きくとりたい。

という根拠の無い「あいまい」な理由がココロに中に「はびこる」んです。

そして、せっかく含み益を得たのに、そのままズルズルと含み損に突入し、気がついたら真っ青になるぐらいの損を抱えることになります。


なぜ、こんな根拠の無い理由が「はびこる」かというと、

 シナリオという「確固たるもの」が無い状態で
 エントリーしたために、ココロに隙間が出来てしまうから

だと思います。


人間というのは、誰しも欲深いもので、自分自身の考えがしっかりしていないと、色んな誘惑や欲望にフラフラと左右されます。


そして、シナリオという「予定・目標」が無いから、「達成感」を得ることが出来る時点さえも把握できずに、際限ない欲望のおもむくままに、ズルズルとポジションを保有し続けるんです。


例え、利益目標があったとしても、シナリオがしっかりしていないと、その利益目標はおぼろげなものになり、

 「あと○○pips上がったら決済しよう」
という、あいまいな決め事で決済しようとします。

ですが、欲望は際限無いですから、例え、そのとおりに上がったとしても、

 「ここまで行ったら、あと○○pipsは上がるかもしれない」

という思いにかられます。

ホントに際限が無いです。

そして・・・・、思い通りに上がらなくなり、どんどんと下げだした途端、

 「さっきは○○円までプラスになっていたから、
  それより低い値では決済したくない」
という気持ちになります。


で、結局のところ、

ココロの中での危機感が最大になったとき、決済してしまうことになり、負けてしまうわけです。

この状態で決済するのは「損切り」ではありません。

「損切り」とは、勝つ為の一つの手法であり、ルールに基づいて行うものです。

この決済は、欲望に支配された

単なる「負け」なのです。




「達成感」と「危機感が最大」というキーワード。


そして、

「シナリオ」通りにエントリーし、
「シナリオ」で予定していた「達成感」を得るポイントで決済する。

これ、大事です。



次回は、この件の続きです

ブログ為替レート←お役に立ったら、ぜひこちらを応援クリックお願いしますm(_ _)m


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。